社長メッセージ

なんとかする力

失敗は財産!
独創品をアップデートし続ける集団へ

代表取締役社長 西村 聡

失敗は財産!
独創品をアップデートし続ける集団へ

流機エンジニアリングは、創業当初より「最適環境の創造」を念頭に、お客様の課題解決に最適な”解”を提案し、ものづくりを通じて社会の発展に貢献したい。そんな想いをもった技術集団です。

私たちは、個別案件の課題解決や、既存技術のブラッシュアップの取り組みの中で、多くの失敗を重ねながらも、着実に「課題解決の最適解」を蓄積してまいりました。

この「課題解決の最適解を蓄積=ゆるやかなイノベーション」を続けることで、時が経てば経つほど大きな成長へとつながります。
流機エンジニアリングの歴史は、まさに「ゆるやかなイノベーション」を 続けることで創られました。

「今は一つの小さな開発でも、いつか大きな力になる。」
そう信じて、お客様の課題解決を丁寧に積み重ねていくこと。
これは世の中が大きく変わり、必要とされる技術が変わったとしても変わらない、私たちの姿勢です。

近年では、サスティナブル、ニューノーマルといった目標や価値観が常態化し、当社が果たすべき役割も大きくなっています。

時代の流れにも寄り添いながら、私たちは2026年の50周年に向け、『SDGsに関するフィルターイノベーションを展開し、環境課題を解決する』という将来の理想の姿を掲げ、研究開発・マーケティングの強化、独創的な製品・技術・サービスの提供に取り組んでいます。

これからも新たな価値を提案し続ける会社でいるために、独自の発想で、感動と喜びを創造し、世界に貢献するべく、「ゆるやかなイノベーション」を続けて参ります。